アフィリエイトと情報販売の違い

こんにちは、ぽんこつカレーマンです。

 

今回はアフィリエイトと情報販売の違いについてお話しして行きたいと思います。

まず最初に、稼ぎ方の違いから説明して行きます。

アフィリエイトは

他の人の商品を自分が販売することで「紹介料」をもらうビジネスモデルです。

例えば、あなたが青汁を紹介して、あなたのURLからお客さんが購入してくれると、売上の何%かがあなたの元に入ってきます。

情報販売は、自分の商品を作って売ることです。つまり利益は100%あなたのものです。

私自身、アフィリエイトも情報販売も両方経験していますが、どちらがいいというものではありません。

今回の内容を聞いて、

「あなたがどちらをやりたいと思ったか」

これで判断してただければなと思います。

それでは早速、本題に入って行きましょう!

アフィリエイトのメリット

・自分に知名度や信用が無くても売れる

・自分で商品を作る必要がない

自分に知名度や信用が無くても売れる。

アフィリエイトはあなたが知名度や信用が無くても売れます。

なぜならば他人の商品を売るからです。

その商品が魅力的であったり、実績があればそれだけで売れてしまいます。

これはかなり凄いことで、アフィリエイトが誰でも簡単に出来る理由でもあります。

他の記事や動画でもお話ししていますが、
情報販売はあなたがお客さんに信用されて

「この人が作ったこの商品なら買ってもいいな」

と思われなければなりません。

しかし、アフィリエイトはあなたがお客さんから信用されていなくても

「この商品良さそうだな。」

というだけで売れてしまいます。

商品自体の実績や信用を積み上げるのには時間がかかります。

だったらば既に売れている商品を紹介してあげればいいのです。

あなたは売れている商品を紹介するだけ。

それだけでお金が入ってくるのがアフィリエイトのメリットです。

自分の商品を作る必要がない。

「not famous」の画像検索結果

アフィリエイトは自分の商品ではなく、
既に存在する他人の商品を紹介して稼ぐビジネスモデルです。

そのため、自分で商品を作成する手間が省けるっていうのは良い点ですね。

アフィリエイトのデメリット

・ある程度、情報発信をし続ける必要がある

・大元に収入を左右される

・チリツモ

ある程度、情報発信をし続ける必要がある

「続ける」の画像検索結果

アフィリエイトは商品を紹介する側の人間です。

既にブランドや知名度のある人なら話は別ですが、
一般の方から紹介されるなら「最新の情報を常に仕入れている人から買いたい」というのが一般的な考えだと思います。

それは同じ商品でもです。

例えば10年以上前から販売されている青汁があったとします。

その青汁をあなたが誰かから買うとして、

ずっと前から「美容・健康」に関して情報発信をし続けている人から買うのと

3年前で情報発信の更新が止まっている人から買うのだったら、

どちらから買いたいですか?

おそらく前者の方が「この人の情報なら信用してもいいかも」

と思います。

ここでキモなのは「同じ商品」という事です。

同じ商品でもアフィリエイターの場合はコツコツやっていく必要があります。

大元に収入を左右される

「搾取される」の画像検索結果

アフィリエイトは商品の大元に左右されてしまいます。

紹介料の%を減らされてしまったり、
会社が潰れて報酬が支払われなかったり等は良くあることです。

例えば、商品がいきなり販売停止になった時。

今までその商品から月何十万と収入を得ていたのに
販売停止になって収入が0になってしまいました。

なんてことも最悪あり得ます。

チリツモ

「小銭たくさん」の画像検索結果

アフィリエイトはチリツモなビジネスモデルです。

小さい報酬を何回も積み重ねることで利益を得ていくものなので
単発でガッツリ儲けたい人には向いていません。

私の知人でもそうですが、月500万以上稼いでいる人はみんな自分の商品を持っています。

なぜなら自分の商品を持っていた方が大きな額を稼げるからです。

アフィリエイトの報酬額は多くても単発1万や2万程度です。

なので月100万稼ごうと思ったら月に100人以上の人に紹介しなければならないという事になります。

情報販売の特徴

情報販売のメリット

・高利率(ほぼ100%)

・単発でも大きな利益を取れる。

・お客さんから直接感謝される。

・自動化が容易に出来る。

高利率(ほぼ100%)

「高い利率」の画像検索結果

情報販売は売れたら売れた分だけ自分の利益にすることが可能です。

なぜならば集客も販売も商品作成も自分でやるからです。

有料広告を打ったり、アフィリエイターさんにお願いしたりすると少し利益は減りますが、
それでも大きな利益を取れるのが情報販売ビジネスです。

仮に集客・販売・商品作成を全て自分でやった場合、元金0円で100%の利益を取ることが出来ます。夢がありますよね(^ ^)

単発でも大きな利益を取れる

「大きな利益」の画像検索結果

情報販売は単発でも20万、30万の商品を売ることが可能です。

基本的に20万以上する商品はバックエンドで売るのが基本ですが、

このバックエンドはアフィリエイトだと中々やりづらいんでよね。

なぜなら、仮にA氏の情報商材をアフィリエイトしたとしても、購入したお客さんはA氏からバックエンドの案内をすぐにされてしまうからです。

 

反対に、自分で商品を作成していれば、バックエンドのタイミングも金額も自分で設定出来ますし、お客さんは他でもない、あなたに信頼を置いている状態で次の商品を売るので、高額の商品でも買ってくれやすくなります。

お客さんから感謝される。

「smile baby」の画像検索結果

これは「やりがい」に通ずるところですが、

アフィリエイトよりも情報販売の方が
遥かにお客さんから感謝される数が多いと実感しています。

それもそのはずで、アフィリエイトでいい商品を紹介しても
感謝されるのは商品作成者なので、感謝の声が商品作成者の方へ流れて行きます。

もちろん、アフィリエイトでも

「あなたに紹介してもらった商品のおかげで良くなりました!」

「あなたの使っている商品を購入したら人生変わりました。」

といった言葉を貰うこともあります。

しかし、

「あなたの商品のおかげで人生が変わりました。」
という言葉以上に嬉しい言葉はありません。

そして感謝の声の熱量もかなり高くなります。
私は時に500文字以上の感謝の声が届くことがありますが、
本当に嬉しいんですね。

これも情報販売ならではかなと思います。

自動化が容易に出来る。

情報販売は自分が完全に自分が働いていなくても売れる仕組みが非常に作りやすくなります。

全ての商品の金額は自分で決められるし、いきなり販売停止される事もないので
例えば、インフォトップなどのプラットフォームに商品をアップしているだけで、勝手にアフィリエイターさんが売ってくれるので自動化が簡単に出来ます。

情報販売のデメリット

・自分で商品を作る必要がある

単純にこれは手間がかかるということです。

でも、手間がかかる分、リターンは大きいのでやる価値は十分にあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ここまでアフィリエイトや情報販売の違いについてお話ししてきましたが、

あなたはどちらをやりたいと思いましたか?

最初にお伝えした通り、
どっちが良くてどっちが悪いというのはありません。

人によって向き不向きがありますし、やりやすいモデルは変わってくると思います。

ですので、ここまでお伝えした各々のメリットとデメリットを踏まえた上で
「どちらをやるのか」を考えていただければなと思います(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です