ネットビジネスは3つのNOTをクリアするもの。

あなたは3つのNOTを後存知ですか?

実はこれを知っているだけでも、情報発信の仕方が変わって来るものなんです!!

ぜひ、これからお伝えする3つのNOTを意識してみてください。

それでは、3つのNOTとは何でしょうか?

3つのNOTとは

NOT READ
NOT BELIEVE
NOT ACT

この3つになります。
そして、インターネットビジネスをして行くのであれば、このNOTを意識しましょう。

人は

NOT READ   (読まない)
NOT BELIEVE  (信じない)
NOT ACT    (行動しない)

これらの3段階の壁があります。

この3つのNOTを意識せずに文章を書くと、あなたの商品を買ってもらえないどころか、文章さえも読んでくれません。



NOT READ   (読まない)

「NOT READ 」の画像検索結果

今の時代、情報過多になっており、

多くの人は無数に存在する情報を収集するのに多くの時間を費やしています。

そんな情報を沢山吸い取る現代の人は、
「自分にとって必要ないと感じたこと」
「興味のないこと」
は一切見ません。

だからこそ、まずは自分の文章や言葉を読んでいただく必要があるのです。

昔の僕もそうでしたが、初心者の人にありがちなミスとして、

「読み手は全部読んでくれるだろう」

と思い込んで文章を書いてしまうことです。

 

ハッキリ言いますね、

あなたの文章はみんな読みません!!!(笑)

 

思い出してみてください。

毎日のようにネットニュースが流れて、ツイッターでは多くの投稿が散乱していて、YouTubeでも非常に多くの動画がうじゃうじゃあります。

 

あなたは、その一つ一つを全て丁寧に読みますか?

読みませんよね。

そんな時間も体力もないと思います。

 

あなたがそうであるように、全ての人が自分にとって有益な情報や気になる情報にしか時間を割きません。

家のポストに大量のチラシが入っていたとしても、興味のないチラシは少しも読まずに捨てますよね。それと同じです。

「つまらない情報はすぐに遮断する」

ということを覚えておいてください。

そもそもお客さんは、あなたのことを興味ないし、関心もないのです。
それを認識出来て初めてスタートラインに立てると考えましょう。

NOT BELIEVE  (信じない)

「信じない」の画像検索結果

そして、NOT READの壁を超えて、お客さんにあなたの文章を読んでもらえたとしても、

その文章の内容をお客さんは一切信じません。

あなたがどんなに誠実に、気持ちを込めて書いたとしても、信じてくれないのです。

だからこそ、いかに信じてもらうか。

ということが大切になります。

何か資格を持っているなら資格証明書の写真、
入賞した経験があるなら賞状やトロフィーの写真、
既に体験者がいるなら体験者の生の声

このように、何かデータで見せることが出来れば、信用しやすくなります。
疑いようがないからです。

「そんなこと言っても、データとか賞状とか無いですよ〜。゚(゚´Д`゚)゚。」

と思った方、いますよね?(笑)

大丈夫です。安心して下さい。

あなたに実績がなくても、信用させる方法はいくつかあります。

ここでは詳しく話しませんが、軽くお伝えして行こうと思います。

では、データが無い人はどうすればいいのでしょうか。

それは「共感」させることです。

「こんなことで悩んでませんか?」

「こんな時、こういう気持ちになっちゃいますよね。」
といったように、読み手の感情に寄り添ってあげるのです。

「分かる分かる!!」
「私も同じ悩み抱えてる!!」

と共感してもらえれば、

「この人は私のことを分かってる!」

「この人は私と同じ考えだ!」

という気持ちになり、信用が生まれるのです。

そういう形で信用を生むことも出来ます。

NOT ACT    (行動しない)

「行動しない」の画像検索結果

そして最後に、人は
あなたの文章を読んで、あなたのことを信用しても行動しません。

つまり「購入する」というアクションを取らないのです。

多くの方が最後まであなたの文章を読んだとしても

「今はいいや。とりあえず、後で決めよう。」

と決断を先延ばしにします。

あなたもそんな経験ありませんか?(笑)

この「検討」という壁を突破してすぐに行動(購入)してもらうには、
お客さんがすぐに行動したくなるように仕掛けていく必要があります。

例えば

・期間限定の特典
・期間限定の値引き
・人数(個数)制限

を設ける事で、

「今買わないと損かも!!」

と思わせる事で、すぐに行動してもらう方法は色んな企業がやっていますよね。

「期間限定セール」の画像検索結果
「限定100個 福袋」の画像検索結果

このように、「限定性」を持たせる事は、

「買いたい気持ちはあるけど、一歩踏み出せない」

というお客さんの背中を押す事が出来ますよね。

多くの企業がこのように工夫して宣伝を行っていますので、
参考にしてみてはいかがでしょうか(^ ^)

まとめ

 

ここまでネットビジネスで意識すべき3つのNOTについてお話していきました。

これは何度もお伝えしている事ではありますが、
「お客さん目線」にいかになれるかが大切です。

あなたの商品を買うか買わないかを決めるのはお客さんです。

 

あなたがどんなに一生懸命に文章を書いても、3つのNOTがクリアされていなければ

「この商品買ってください!」

と言っても

「いやだ」の画像検索結果

と軽くあしらわれて終わります(笑)

 

だからこそ、いかにお客さんに伝えるか

というのを意識して取り組んでいきましょう(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です